« パイナップル Surface Pro3/4用 ワイヤレスBluetoothレザーキーボードケース | トップページ | ASUS Zenfone Go のSIM認識問題 »

2019/03/13

DELL Active Stylus 13Q41の描き味を変える方法

Venue 8 ProはDell Active Stylus Pen 13Q41を使うと筆圧感知のタッチでドローイングができる。ただ13Q41はペン先が硬質な素材でプラスチックにボールペンで字を書くようなカツカツとした書き心地になっている。これは字を書く分にはまだいいがCGを描こうとするとどうにもしっくりこない。

 

なんとかペン先をソフトな物に交換できないかと考えていたのだが、交換用のペン先すら販売されていない状態では互換品など望むべくもない。いよいよこれは自作しかないかとペン先の構造を調べたりサイズを測ったりしていたのだが・・・。

 

ふと、ペン先にソフトな素材を付ければいいのではないと思いついて、適当な素材を探してみた。まずは電線を被覆するカバーを使ってみた。これは熱を加える事によりビニール系のチューブが縮まって結線部分を覆うものだが、これでペン先を覆ってみたらどうだろうと思ったのだ。

 

pen

 

なかなかジャストなサイズが無かったが、なんとか4mm径くらいの物を見つけてきた。これをカットしてペン先に充てる。さらにドライヤーで加熱してシュリンプさせると写真の様な感じに仕上がった。

 

描いてみた感じは、ちょっと反応がわるくなったかなーぐらい、筆圧設定を詰めればなんとかなりそう。

 

|

« パイナップル Surface Pro3/4用 ワイヤレスBluetoothレザーキーボードケース | トップページ | ASUS Zenfone Go のSIM認識問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DELL Active Stylus 13Q41の描き味を変える方法:

« パイナップル Surface Pro3/4用 ワイヤレスBluetoothレザーキーボードケース | トップページ | ASUS Zenfone Go のSIM認識問題 »