« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

2016/03/30

NEC PC-TS708T1WのADBドライバー

いやまったく苦労しました。
LaVieTabPC-TS708T1WはメーカーではADBドライバーを配布していません。ただLenovoのS8と同じものとネットで情報を得ていたので、Lenovoのドライバーが使えると思い込んでました。
ところがどっこいです、図のように直接インストールしようとしてもはねられる、デバイスマネージャーからドライバーの更新でインストールしようとしてもINFファイルを認識してくれず指定の場所にはドライバーはないと怒られます。


1459309683395.jpg
結局、GoogleのandroidSDKに含まれるGoogleのADBドライバーを無理やり(INFを書き換えて)インストールしました。
Android用ADBドライバーを無理やり
この記事が参考になります。

とりあえずこれでROOT化への準備は整いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/27

Windows10で既定のブラウザーが設定ができない

Windows10ではブラザーはエッジになっているが、使い慣れたブラウザーがある人はそっちを使おうと思うはず。私もFireFoxを使っていたので既定のブラウザーを変えようと思ったのだが。

Windows10での既定のブラウザーの変更はネットのあちこちに情報が上がっているが、次の様になっているはず。

スタートボタン>設定>システム>既定のアプリ

で以下の様に一覧から目的のブラウザーを選ぶ・・・となっているはずなのだが、私の環境ではここがEdge以外選べない状態になっていた。

wlon20160327-1

いくら他のブラウザーをクリックしても既定のブラウザーが変更されないのだ。

困ったもんだと他の方法を探してみたところ、結局は古いやり方で変更するしかなかった。

手順はコントロールパネル>既定のプログラム>既定のプログラムの設定

あとは以下の様に「全ての項目に対し、・・・」を選ぶ。

wlon20160327-4

これはWindows8.1でのやり方だがWindows10でも有効だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/26

Dell Venue 10 Pro 5055 ではSDカードにUSERSフォルダやPROGRAMDATAフォルダが移せない

Dell Venue 10 Pro 5055が無事に届きました、心配していた初期不良も回避できて一安心です。ww

さて早速セットアップを開始して環境を整えようと思ったのですが、内臓ドライブがやはりつらい事になってますね。32Gではプリインストールアプリがほとんど無いDELLでも半分以上が使われている状態です。こうなると内臓ドライブからSDカードに色々と移してと考えたのですが・・・・。前のデスクトップの時の様にUSERSフォルダーとProgramdataフォルダーを移動しようかと思ったのですが。5055の場合は問題がありました。セットアップ用のコマンドプロンプトモードではSDカードが認識されないのです。DynabookTABの時はSDカードはコマンドプロンプトからもDドライブで見えていたんですが。この差は何だろうと調べてみるとどうやら5055の場合は最新のUHS-Iインターフェースになっている事が原因のようです。Windowsが起動していないとSDカードが使えないんですね。っていう事はそもそもUSERSフォルダーのコピーができないし、起動中もこのフォルダーが読めないので色々まずい事になりそうです。

とりあえず諦めてWindows10の機能であるフォルダーの場所の移動でドキュメント系のフォルダーをSDカードに移動しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/19

やっぱりDELLのサポートは良くなかったという話

DELLのサイトで出物を見つけたので購入したのだが、物を受け取る前に一悶着する羽目になった。

購入申し込みをして即日に振り込みを完了し、翌日からオーダーステータスを見ていたのだが、購入時に「4-6日で工場から出荷」とあったわけです。この時点の私の判断は中国工場から出荷されたとして船便だと7-10日か、最大で16日で届くかなという感じでした。しかし4日過ぎても製造中のオーダーステータスに変化はなく、6日目の朝に一気に日本まで輸送中に変化。まー読み通りだったなと、ここまでは想定内の話でした。処が輸送中の間に到着日がどんどん後ろにずれていく、終いには注文日から20日目以降に配達になっていった。ここでちょっと予定が遅れ気味なんじゃないかとDELLにメールで問い合わせしました。翌日に電話で連絡よこしてきましたが仕事中だったので無視。休み時間にメールをチェックすると先ほどの電話の直後のタイムスタンプでDELLからメールが入っていました。「遅れます、どうにも出来ません。いやならキャンセルできます。」要約するとこんな感じ。なので「本当に何も手はないの?それとキャンセルしたら返金はいつになるの?」と返信。すると今度はまたしても電話で連絡がきた。今度はちょうど休憩中だったので電話を取ると中国人スタッフが「すいません、遅れます、どうにも出来ません、返金は商品到着後の手続きになります。」とおっしゃるわけです。なんで届いてもいない商品の返金手続きが到着後になるのか理解できないので「再度なにかいい方法を提案してほしいです。」と答えると「できません、DELLのシステムでそうなっているんです。今までもずっとそうしてました。それに明日から連休だからDELLのシステムは動かないんです。」との事でした。すごいね、DELLの24時間365日サポートって嘘だったんだねーと思いながら「船が日本につく予定の日を教えて、それから日本国内での配送会社を教えて、こっちで配達日の指定をかけたいから。メールで返信して。」と話して電話を切りました。

まーDELLの悪評はネットで散々書かれているのでこんなもんかなと思うわけですが、これで商品到着して不良品だったりしたら更にめんどくさくて余計な出費のかかる事になるんだろうなーと思いました。どうか当たりの物が到着しますように。ww

ちなみにDELLとかのネガティブな記事を書くと「そんな事ない。」「デルほどのメーカーだと販売台数も多いからネットで悪口言ってる人たちの割合も多くなる。」「そもそもネットの記事なんて真偽のほどが定かじゃない。」とか反論があったりするわけですが、これらの意見や擁護派のブログでは裏付けとなる数字が無いとか、論理が破綻してるとかありますので信用は出来ないと私は思います。

数字面で言えばhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/092200075/092400003/?SS=imgview&FD=1420927604&ST=systemを見てもらえれば分かるけど、デルのサポートの評価はワースト2です。高評価なのはハードの価格と保守サービスの料金だけなんですね。安さだけがDELLの存在意義、そいいう意味では私も今回は安いから買いました。同じハード構成で他メーカーより1万円は安かったです。

あと、販売台数が多いから云々は分母が多いから分子が目立つって事なんでしょうけど、その割合が問題なのであって、デルのサポート評価が数字として低いのは上のリンクの通りです。

ネットの記事だから真偽のほどが云々は、それを言ったらそう書いてる記事自体がネットの記事だから真偽が定かじゃなくなるだろう。ww

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

LaVie Tab S TS708/T1Wをandroid5.0にアップデート

3カ月ほど前にNECのアンドロイドタブレットを購入した、Nexus7を使っていたのだけれど3Gしか対応してないとかもっさりした動きとかで買い替えようと思っていた矢先にTS708が初売りセールで安く出ていたので買ってしまったのだ。CPUがAtomなのも面白そうだったし。

数カ月使っていて動作事態に不満はなかったが、先月にandroid5.01へのアップデーターが公開されたので思い切ってアップデートした見た。

メリットデメリットありますが、メリットは「普通のandroidになる」です。なにそれって感じだが、TS708は実はインターフェースに癖があって、デスクトップのアプリアイコンが消せなかったのだ。標準でインストールされているアプリがずらりとデスクトップに並んだまま、これが消せない、アプリ一覧ボタンも無いからこの状態で使うしかなかった。これがLollipopにする事で普通のインターフェースになります、デスクトップのアイコン削除や標準アプリの削除も(一部ですが)出来るようになります。

デメリットは「4G(LTE)や3Gなどのモバイルデーター通信に繋がらくなる事が多発する。」です、これはNexusの時もそうだったけど、Lollipopの顕著な問題ですね。いろいろネットワーク関係の設定をしてみましたが、効果はありません。電源断状態から起動した場合はモバイルデーター通信に繋がるまで最長5分くらいかかります。ちょっと不便ですな。

2016/03/30 追記

モバイルデーター通信が繋がりにくい件は解決しました、設定>アプリ>モバイルデーター>キャッシュデーターの削除で1-2分で繋がるようになりました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »