« Poser10と六角大王 | トップページ | WIRERESSGATEの480円SIMが繋がらなかった話 »

2014/06/21

Poser10と六角大王 六角大王でグループ分け

前回はPoserでボーンとポリゴン範囲を関係付けてみたが、Poserの範囲設定はめんどくさいと言うか使いづらい。ボーンとポリゴン範囲の関係付けはグループ毎にできるのだが、それには先にグループを作っておかなければならない。それをPoserで作業するのは本末転倒なので六角大王でグループ分けをしてみよう。

 

01

 

まずは六角で図のような立体を作る、Y字型の腕の部分をPoserで間接のように動かそうと思う。

 

02

 

六角でグループ分けするのは簡単だ、動かすパーツにしたい部分を別レイヤーに置くだけだ。図では分かりやすいように色分けをしておいた。

 

03

 

WavefrontObj形式で書き出してPoser側で読み込んでみた。早速セットアップ画面でボーンを入れてみる。

 

04

 

ボディとなる①からボーンを入れていく、腕となる②、④と③、⑤には並列のボーンを入れる必要がある。①の中のボーンはbone_1なのだが、ここから二股に分かれさせるには、まずbone_1を配置した後に連続クリックしてbone_2を入れる、そこで一旦マウスカーソルを何も無いスペースにおいてクリック、続いてbone_1にマウスカーソルを合わせてクリック、図のようにbone_1が白く変わる時が選択されている状態だ。これに限らずPoserは選択すると言う動作がやりにくいので注意した方がいい。

 

05

 

ボーンを入れ終わった状態、ボーンは組み込んだ順に番号が付くので本来はbone_2の先にbone_3が有るべきなのだが六角で作ったグループと番号を合わせる為に入れる順序を変えている。

 

0809

 

06次にグルーピング画面でボーンとポリゴン範囲(グループ)を関連付ける。bone_1を表示させた状態で追加ボタンの▼をクリックしてさらにグループをクリックしてみて欲しい、上図のようにグループ一覧が出るが中に六角で作ったグループも含まれている。bone_1には01を割り当てよう。上手のように赤くなればOkだ。

 

後は順にbone_*とポリゴン範囲のグループを関連付けていけばいい。全てのボーンとポリゴン範囲の関連付けが終わったらポーズに戻ろう。

 

07

 

さて図のような感じで上手く動かせただろうか。何れかのパーツを動かそうとして全体が動いてしまうのはボーンとポリゴン範囲の関連付けが上手く行っていない、もう一度最初の手順からやり直してみよう。

 

次回はさらにposerを使い倒すために影響範囲の設定を解説してみたい。

|

« Poser10と六角大王 | トップページ | WIRERESSGATEの480円SIMが繋がらなかった話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545156/59853976

この記事へのトラックバック一覧です: Poser10と六角大王 六角大王でグループ分け:

« Poser10と六角大王 | トップページ | WIRERESSGATEの480円SIMが繋がらなかった話 »