« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月の記事

2014/04/24

レッツプレイ ポケットミク with MusicMakerMX2

ポケットミクをDominoで使ってもそこそこの曲は作れる、特に不満があるわけでも無いのだが手持ちのMusicMakerMX2を使うともっと面白い事が出来るのではないかと思い挑戦してみた。

MM001まずMusicMakerMX2では「ファイル」メニュー>>「設定」>>プログラム設定のオーディオ/MIDI設定で接続したNSX-39を選ぶ、下のFXの項目についてはデフォルトの1で構わないだろう。

MM002さて、この状態でトラックにMIDIオブジェクトを新規作成する、NSX-39はチャンネル1のヴォーカルから始まって64の音を同時に出せるがMusicMakerMX2のトラックNoとNSX-39側のチャンネルは順番通りに対応しているわけでもない。MM003MusicMakerMX2で何番目のトラックを選ぼうがこれから設定する項目を合わせればOKだ。

 

MIDIオブジェクトを新規作成してダブルクリックで編集画面を開くと、上部の「Instr:」が何も選ばれていない状態になっているはずだ。MM004ここをクリックしてVST選択画面を出そう、下の方のVSTi無しにチェックが入っていると思う。ここで敢えてもう一度VSTi無しを選択しよう、その瞬間にMIDIエディタ画面が閉じてしまい一瞬焦るかと思うが気にしない。再度MIDIオブジェクトを新規作成しよう。ここで上の方の「Instr:」はMIDIアウトが選択されているとはず、これでNSX-39にMIDI信号が送られるはずだが問題はどのチャンネルに信号を送るかだ。MM005右側を見るとチャンネル選択の項目がある、ここから指定したいチャンネルを選ぼう。今回はポケットミクのボーカルを鳴らしたいのでチャンネル1を選択する。

ここで適当にノートを置いて再生してみてほしい、ポケットミクから音が出ただろうか。この段階で音が鳴らないようなら設定の段階で何かがおかしくなっていると思われる。特にMusicMakerMX2は基本設計で外部音源を使う作りになっていないので動作が少し怪しい所がある。特にInstrでMIDIアウトを選択したはずなのにまたなにも選ばれていない状態になっていないかなどをチェックして欲しい。またここがクリックしても無反応でなにも選択できないときは入力に外部MIDI機器(キーボードなど)が接続されていないか確認してほしい。私の環境ではMIDI入力機器があるとこの症状が出て外部音源が選択できなかった。

MM006さて、実はここから未解決の問題があって先へ進めていない。MusicMakerMX2では左上のイベントリストアイコンをクリックするとイベントリストが開いてMIDIイベントが設定できるのだが、このイベントリストが実に使いづらい。ポケットミクの音声を変えようとシステムエクスクルーシブを書き込みたいのだがSysexは置けてもその値が変更できない。Programchangeなどは値の書き換えが出来るのだが、どうもSysExに関してはそもそもの記述の仕方が違うようだ。この先はまだしばらく試行錯誤が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/12

悪魔のリドル 2話 「胸の中にいるのは?」 -殺されそうな救世主-

ridoru01

一話を見たときには設定の割には物足りなさが感じられるぬるいアニメだと思ってしまったのですが、二話目からかなり緊迫感が漂ってまいりました。特に兎角が晴を守ろうと決意するくだりは感動すら覚えてしまいましたよ。晴は兎角にとっては救世主なんでしょうね、自分の呪いも含めて今の状況から救ってくれると思える唯一の存在、メシア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/07

レッツプレイ ポケットミク with DOMINO

大人の科学マガジンのポケットミクを買ってしまった。ぱっと見はちゃちいシンセサイザーって感じでそれほどの期待はしていなかったのだが、これが実は驚きの逸品だった。性能、仕様などは本家サイトでも参考にして欲しいのだが注目すべきはPCとの接続により外部MIDI音源として使えること、しかも楽器として初音ミクが使える!早速PCに接続してDominoで遊んでみた。

 

domino01

 

まずは接続してMIDI OUTにポケットミクを設定する、デバイスとしてNSX-39と認識されるのでポートAに接続、音源定義ファイルはGMレベル1にする。この状態でノートを入力するとポケットミクから音が出るのだが、ここで聞こえるのは「ウー」って感じの声とも音色とも定かでない変な音だ。ポケットミクではデフォルトは「ドレミ」モードなのだがこれは本体のカーボンキーを操作する場合の話のようでPCに接続した場合はエクスクルーシブデーターを送信しなければならない。手順は次のようになる。

 

domino002

 

まずはノートを適当に入力する。

   

domino003

 

発音を設定したいノートの前に挿入>エクスクルーシブからエクスクルーシブデーターを挿入。

 

domino04

 

データーの内容はポケットミクのマニュアルの裏表紙にある文字テーブルから発音番号を選んで赤丸の部分に記入する。Dominoではエクスクルーシブデーターは16進数である事を表わす「H」をつける。

 

これで再生すればミクの歌声が聞こえるはずですが。

 

他にもNSX-39にはXG音源のエフェクトが内蔵されているのでリバーブなどの効果が設定できるが、やり方は上記と同様にノートの前にエクスクルーシブデーターを挿入する、エフェクトのエクスクルーシブデーターは「F0h 43h 10h 4Ch 02h 01h xxh xxh xxh F7h」になる、xxの部分にエフェクト効果の番号を入れるのだが、これは以下のサイトを参考にするといいと思う。

 

http://www.dipss.com/dipss/dtmkouza/file/kouza/spc-3.html

 

ただし、ミクの声にエフェクトを掛ける場合は1ノートごとにエクスクルーシブデーターを送信しないとならないようです。最初の1音に設定したエフェクトは2音目からはリセットされてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »