« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

2012/12/17

USBのCPU切替機(KVM)でキーボードエラー

私は今までPS2タイプのキーボードとマウスを使い続けてきました。PC2台を使うのでCPU切替機を使っていたのですが、最近になってPS2のキーボードもマウスもすっかり姿を消してしまい、ネットの通販でなんとか手に入る程度です。さすがにこうなるとキーボードも好みの物をともいかず売ってる物を買うしかなかったわけですが。

しかし先日にマウスが壊れてしまい買い置きも無かった為USBマウスを買わざるえませんでした。なんとか変換コネクターでPS2ポートでも使えるのですが、微妙に挙動が怪しい時がありました。

そんなわけで思い切ってキーボードとマウス、CPU切替機もUSBにする事にしました。ネットで事前に口コミを調べてREX-230Uを選びました。PC側のコネクターがUSB一本で済むのも決め手でしたし。

さて、取り付け自体は問題はないのですが一点困った事が、PCの1台がキーボードを認識しません、起動時のPOSTでHALT-ONにひっかかってしまいOSの起動すらできません。(Keyboard error or no keyboard presentのエラーが出る。)もう片方のPCでは同じBIOS設定で問題なく駆動できますから、どうやらキーボードとCPU切替機、もしくはPCとの相性が良くないようです。

解決策は問題のあるPC側でBIOSをHALT-ON(All, But Keyboard)にでもすればいいのですが、じつはこれでも起動が少し遅くなるという問題が残ります。もう一つはCPU切替機の切り替えを問題のないPC側の接続にしておいてダミーのキーボード信号にしておくというのもありますが。いずれにしろすっきりした解決ではないのです。

さて、そんなこんなを試している間に妙な事に気が付きました。REX-230Uからマウスを抜いている時はどちらのPCでも問題なく起動できるのです。これはもしかしてキーボードとマウスの両方が刺さっていると電力を喰い過ぎてキーボードが通電されていないと見なされるのかなと思い至りました。そういえば問題の起こるPCはコンパクトタイプで電源容量も小さいです。

そこで手持ちのマウスを幾つか試してみると、エレコムのマウスでは問題が起こらない事が分かりました。不思議な事にエレコムだけでした、バッファローもLAOSも駄目です。ノーブランドのマウスも駄目。

試しにWindows起動後にデバイスマネージャーでUSB ROOT HUBを片っ端から調べてマウスの電力消費を見てみました。

mouse

図はエレコムのマウスです、98mAですかね、これが他のマウスだと100mAになってました。この値が絶対だとは思いませんが、エレコムのマウスが微妙に省電力なのは間違いなさそうです。おそらく使ってるチップが違うのでしょう。

意外だったのがロジクールのWEBカメラが500mA食ってたことですかね、これに限らず接続されているUSB機器の電力は一度調べておいた方がいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/01

SAMSUNG SyncMaster B2230壊れる

3年持たなかったなー。画面に色むらが出てきて右半分がやたらと明るいです。

結局、安かろう悪かろうでした。次は飯山か三菱にします。

ちなみに韓国製だからけなしてるわけではないです、実際の話液晶モニターについては
安い海外メーカーは人気がなくなってるんです、データーとして表れてます。

国内メーカーの液晶ディスプレイが人気売れ筋ランキング上位を独占
http://kakaku.com/trendnews/pc/id=daily_776/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »