« | トップページ | SOFTBANK携帯で自作着うたを検証する »

2012/01/16

中華Padその後のその後

FWを入れ替え使い勝手もよくなった中華Pad(ESP02)ですが、一つ困った問題が。一部のアプリがマーケットでダウンロードできないのです。公式マーケットではその端末に対応していない(動作確認取れてない?)アプリは表示すらされません。メジャーな所ではESファイルエクスプローラーが表示されません、PC版のマーケットでDLしようとしてやっと対応してない端末だと判りました。ESの他にもTwitter公式クライアントとかも表示されません。

さて、マーケットで入手できないものはどうすればいいのか?要はAPKファイルを入手すればいいのですが、ESなどはシリーズがベンダーのサイトからDL出来ますが、Twitterについては公式サイトにアクセスしてもマーケットに飛ばされるだけでDL出来ません。

そこで非公式マーケットの出番です、ESP02に元からインストールされていた中華マーケット同様にAndroidアプリのマーケットはいくつか存在します。日系メーカーの端末だったりするとメーカーで独自のマーケットを用意してたりもしますが。

今回はAndroid Freewareを使いました、登録されているアプリが豊富でVerも古いのから新しいのまでDL出来ます。

非公式マーケットはちょっとセキュリティの面で心配な気もするのですが、Android Freewareの様な大手だと多少の安心感はあります。

こういった自由度の高さもAndroidの魅力でしょうかね。

|

« | トップページ | SOFTBANK携帯で自作着うたを検証する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545156/53752688

この記事へのトラックバック一覧です: 中華Padその後のその後:

« | トップページ | SOFTBANK携帯で自作着うたを検証する »