« 中華なPadでお正月 | トップページ | 意外な関係 »

2012/01/06

中華Padその後

なんとなく騙された感じの激安中華Padでしたが、ハードとしてはWm8650って事が判りました。これで検索してみるとけっこう情報があります。どうもWM8650という型番でかなりの数のハードが販売されているようです。

さらにググってみるとUberoidという言葉見つかりました、これはAndroidのFW(ファームウェア)をカスタマイズしたものらしく、元からのFWと入れ替えると公式マーケットが使えるとか細かい所でチューニングされてるとかなかなか興味深い物です。かなり頻繁にVerが上がっているようで、ネットの情報で上がっていたVerのROM(FW)を探したけど見つかりませんでした。そこで動作報告リストを眺めながらWonderMediaWM8650で動きそうなものを探してみたのですがこれも見つかりません。そこでESP02で動いたと言う情報のあったVIA WM8650の対応ROMを探しました。これはわりと簡単に見つかりました。

Universal_Uberoid_WM8650_v10.1_www.TechKnowForum.net

これが私が使用したROM(FW)です。

入手方法や手順などはネットに豊富に事例が載ってますのでここでは書きません。ただROM(FW)の書き換えはかなり時間がかかります、画面にハニカムのアニメーション(ミツバチの巣かな?)がしばらく表示され続けますので辛抱強く待ちましょう。またこのVerではブラウザーがOperaMiniになっていますが、一部のページが正常に表示されません、ブラウザーは標準の物を使った方が良いでしょう。それと私が期待していたGoogle日本語入力は結局使えませんでした、インストールは出来るのですが設定画面がまともに開けません、また入力方法でGoogle日本入力を選ぶといきなり画面が消えます。

それはそれとしてもFWを入れ替えてからのESP02はかなりいい感じです、メールチェックやWEB検索の端末として重宝しています。不満なのはバッテリーが2時間くらいしか持たない事ですかね。外に持ち出すときには基本電源切りで使う時だけOnにしてます。(起動に時間がかかってめんどいですが。)

20120006125852

|

« 中華なPadでお正月 | トップページ | 意外な関係 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545156/53672598

この記事へのトラックバック一覧です: 中華Padその後:

« 中華なPadでお正月 | トップページ | 意外な関係 »