« 2011年12月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年1月の記事

2012/01/29

多重音声で字幕入りの動画、iPodやAndroid向けに

英語の学習に海外ドラマを見ると言うのがある。そのネタを作ろうとDVDからiPodやAndroidで視聴可能な動画を作ってみようと思った。

出来れば音声は英語と日本語の両方を入れたい、字幕も入れられて、再生中にOn/Offできればなおいい。この条件で動画を作ろうとすると形式はMKVが最適だ。iPodむけのMP4でもCloseedCaptionの字幕は入れられる。

最初にMKVファイルの作成にトライする、これはネットで検索するとHandbrakeというツールがヒットした、現時点で最新は9.5.2だが9..4だと日本語化されたヴァージョンもある。

使い方はいたって簡単で、リッピングしたDVDデーターを指定すれば含まれている音声トラックや字幕トラックが表示される、ここから必要な物を選べばいい。音声は比較的設定も簡単だが、字幕の方は試行錯誤だった。とりあえず英語字幕を選ぼうとしたのだが、選択して適当な設定にしても出来上がった動画では字幕が表示されなかった。あちこちのサイトを覗いたがなかなか原因がつかめない。最終的には選択した字幕トラックの「デフォルト」のチェックをONにしてやらないとならないと判ったのだが、動画再生中の字幕のOn/Offを考えなければ、「焼き込み」の設定をOnにしてしまうのが手っ取り早いだろう。

もっとも出来上がった動画の再生でも手こずった、MKV内蔵のOn/Off出来る字幕を表示できるプレーヤーがWinではVLCくらいで、AndroidだとQQPlayerがかろうじて、しかし文字化けすると言う状況だ。

続いて字幕(CloseedCaption)入りのMP4を作ろうとしたのだが、Handbrakeでエンコードした動画は字幕のOn/Offは設定としてでいるが肝心の字幕が表示されないという状態だった。Gomエンコーダーも試してみたがやはり出来上がった動画はiTunesやiPodで字幕が表示されなかった。多重音声の方はHandbrakeで問題なく出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/28

SOFTBANK携帯で自作着うたを検証する

SOFTBANKの公式の着うたは3GPだったりするのですが、自作で着うたを作ろうと思ったらmmf形式しか無いようです。正確には3GPの音声AMR形式でなら着信音に設定できますが、AAC形式だとごく一部の機種(911Tなど)でしか出来ません。

音楽ファイルとしての再生ならどの機種でも行けるのですが、着信音に設定できるのは限られています。

ちなみに3gp(AAC)を作るのに試したのは

着もと、携帯動画変換君、3GX、WEBの変換サイトをいくつか

です。機種は841Pと001SHで試しましたが、上記ツールではAAC形式は音楽ファイルとしての再生は出来ても着信音に登録は出来ませんでした。

AMR形式では音質が悪すぎてmmf形式よりもひどいですね、ただ公式の3GPの着うたがAAC形式なのかどうかは検証できませんでした。

追記:

ネットで色々検索していると勘違いしている人が多いようですが、SBのシャープの機種を使っている人で3GP(AAC)で着うたを作って"メールで添付ファイルとして自分の携帯に送り保存すれば着信音に出来る"と書いている人がいますが、あれは画像自動変換機能でAMR形式に落とされてますから思いっきり音質が劣化しています。画像自動変換機能をOFFにして受信すると今度は音声ファイルではなくビデオファイルとして認識されて再生すら出来ません。(いったんWEBにアップロードしてからダウンロードする方法も同様です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/16

中華Padその後のその後

FWを入れ替え使い勝手もよくなった中華Pad(ESP02)ですが、一つ困った問題が。一部のアプリがマーケットでダウンロードできないのです。公式マーケットではその端末に対応していない(動作確認取れてない?)アプリは表示すらされません。メジャーな所ではESファイルエクスプローラーが表示されません、PC版のマーケットでDLしようとしてやっと対応してない端末だと判りました。ESの他にもTwitter公式クライアントとかも表示されません。

さて、マーケットで入手できないものはどうすればいいのか?要はAPKファイルを入手すればいいのですが、ESなどはシリーズがベンダーのサイトからDL出来ますが、Twitterについては公式サイトにアクセスしてもマーケットに飛ばされるだけでDL出来ません。

そこで非公式マーケットの出番です、ESP02に元からインストールされていた中華マーケット同様にAndroidアプリのマーケットはいくつか存在します。日系メーカーの端末だったりするとメーカーで独自のマーケットを用意してたりもしますが。

今回はAndroid Freewareを使いました、登録されているアプリが豊富でVerも古いのから新しいのまでDL出来ます。

非公式マーケットはちょっとセキュリティの面で心配な気もするのですが、Android Freewareの様な大手だと多少の安心感はあります。

こういった自由度の高さもAndroidの魅力でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/08

ブログネタ: あなたが今、いちばん欲しい“運”は?参加数

幸運に決まってんじゃん。

ちなみに私の幸せはお金でも愛情でもない、出世や名誉に興味はない、心の平穏、これだけですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Androidでofficeファイルを開く

ちょっとしたファイルの確認とかしたくてoffice系のアプリを探す、数はあるのだけれど条件に合致するのがなかなかない。要はローカルのディスクにあるファイルを閲覧したい、ネットに接続しない状態でも表示できた方がいい。

いくつか試したが最後はNetFront Life Documentsで落ち着いた。これが一番正確に表示できる。日付なんかも日本語表記でそのまま表示されるしね。フリーなのが決め手ですかね。(広告は表示されます。)

試したのは以下の3つ。
Documents To Go:
これはエクセルの表示がめちゃくちゃになる、あり得ない行があったりあるはずのない列が存在したり。

OfficeSuite Viewer 5:
わりといい感じなんだけど、一部の日本語フォントが乱れる。時々アプリ一覧から消えるという謎の現象もあり。

Gドキュメント:
表示の再現性は高いし編集もできるんだけど、一度ネットにアップしないのといけない。ローカルのディスクにあるファイルの表示が出来ない。あと、動作が遅い。

ってな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/07

意外な関係

PCにトラブルはつきものだが、今回はちょっと変わった件に出くわした。

私は2台のPCを一組のマウスとキーボードでPC切替機を使って操作している。去年の暮ぐらいからマウスの調子がなんとなく悪くなっていた、カーソルが横にしか動かないのだ。今時ボール式のマウスを使っている私はチョコチョコと掃除をしてみたのだが症状は改善しなかった、そこでPC切り替え機のコネクターを外して潤滑剤を吹いたりとしていたのだが、一時的には治まるがまたカーソルが横にしか動かなくなる。マウスを交換してみたが症状は変わらなかったので、これは切替機がおかしくなって来たなと判断して新品を買っておいた。今日の午前中に時間が出来たので切替機の交換をしたのだが、なんと症状が変わらないのだ。マウス、切替機、とライン上の機器は交換したはずなのにおかしい。もしかしてPC本体のPS2コネクターがおかしくなっているのかと疑ったが、それだと2台のPCが同時に同じ部分が故障したことになる。

はてさてと悩む事数分、ふと同じように切替機に接続されているキーボードが気になった。そこでキーボードを新品に交換してみると見事に症状が消えた。故障していたのはキーボードだったのだ、切替機の内部でキーボードの変な信号をマウス側が拾ってしまいカーソルの動きがおかしくなっていたらしい。不思議な事にキーボードの操作自体には何の問題も無かったのだが。

キーボードが故障してマウスに症状が出ると言うのは妙な話だが、現実に起こった事は間違いない。これはこれでいい経験になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

中華Padその後

なんとなく騙された感じの激安中華Padでしたが、ハードとしてはWm8650って事が判りました。これで検索してみるとけっこう情報があります。どうもWM8650という型番でかなりの数のハードが販売されているようです。

さらにググってみるとUberoidという言葉見つかりました、これはAndroidのFW(ファームウェア)をカスタマイズしたものらしく、元からのFWと入れ替えると公式マーケットが使えるとか細かい所でチューニングされてるとかなかなか興味深い物です。かなり頻繁にVerが上がっているようで、ネットの情報で上がっていたVerのROM(FW)を探したけど見つかりませんでした。そこで動作報告リストを眺めながらWonderMediaWM8650で動きそうなものを探してみたのですがこれも見つかりません。そこでESP02で動いたと言う情報のあったVIA WM8650の対応ROMを探しました。これはわりと簡単に見つかりました。

Universal_Uberoid_WM8650_v10.1_www.TechKnowForum.net

これが私が使用したROM(FW)です。

入手方法や手順などはネットに豊富に事例が載ってますのでここでは書きません。ただROM(FW)の書き換えはかなり時間がかかります、画面にハニカムのアニメーション(ミツバチの巣かな?)がしばらく表示され続けますので辛抱強く待ちましょう。またこのVerではブラウザーがOperaMiniになっていますが、一部のページが正常に表示されません、ブラウザーは標準の物を使った方が良いでしょう。それと私が期待していたGoogle日本語入力は結局使えませんでした、インストールは出来るのですが設定画面がまともに開けません、また入力方法でGoogle日本入力を選ぶといきなり画面が消えます。

それはそれとしてもFWを入れ替えてからのESP02はかなりいい感じです、メールチェックやWEB検索の端末として重宝しています。不満なのはバッテリーが2時間くらいしか持たない事ですかね。外に持ち出すときには基本電源切りで使う時だけOnにしてます。(起動に時間がかかってめんどいですが。)

20120006125852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

中華なPadでお正月

去年の年末に久しぶりに秋葉原に出かけた、目的はいくつかあったが一つに1万以下で買えるタブレットPCを探す事があった。

中央通りをざーっと流した後に裏通りに入っていくと激安店に人だかりがある、ちらっと眺めると早速にお目当ての物が見つかってしまった、AndroidのタブレットPCが8999円である。

20120104

RealLIFEという会社が販売しているEasySmartPadだ、以下はESPと略させてもらう。パッケージを見る限りでは必要最低限の条件は満たしている、出来ればブルートゥース対応も欲しい所だが値段から言ってそんなに贅沢は言えない。それよりもアプリケーションダウンロードという事に注目した、事前の調べで中華なPADはAndroidマーケットが使えないと言う情報を目にしていたので、ここは外したくない処だったからだ。

さて帰宅してさっそく箱を開けると面白い物が目に入った、LAN端子とUSB端子が付いたコネクターだ、どうやらESPはこのコネクターを付けると有線LANとUSBが使えるようだ。これはこれで便利かもしれない。物を手に取るとオールプラスチックの安い作りで、ちょっと曲げるとミシミシという、あんまり手荒に扱わない方がいいかもしれない。さらにACアダプターを繋げて通電してみる、ドロイド君のアニメの起動画面が終わるとLOADING画面でしばらく待たされる、ホーム画面が表示されたので早速タッチしてみると・・・なに?このブカブカした感じ。ちょっとタッチしたくらいでは反応せず、ギュッと押すようにしてようやくアプリが起動した。これだとドラッグとかできるのかとタッチパネルをこすってみるが反応したりしなかったり。これはちょっととパネルを爪でつついてみるとなんかさくっと反応する。試に爪の先でタッチやらドラッグやらをするとちゃんと動く、どうも指先の柔らかさよりも詰めの硬い方が反応がいいようだ。ちょうどDSのペンがあったのでそれを使ってみるとかなりレスポンスがいい。これは基本的にスタイラスペンで操作した方が良さそうだ。

さて一通りの設定も終わってホーム画面のAppMarketというアイコンをクリックするとマーケットのログイン画面が現れる、・・のだがなんかおかしい、Androidマーケットの画面ってこんなチープな画面だっけ。とりあえずGoogleアカウントの入力するとなんかIDかパスワードのエラーだと出る。入力を間違えたかと思いもう一回入れてみるがやはりはねられる。おかしい、やっぱりおかしい。ふっとLOGINの隣にあるレジストのボタンをクリックしてレジスト画面を表示してみた、GoogleのLOGOがどこにも無い、変だ、これは変だ。試にでたらめなアドレスとパスワードを入れてみるとあっさり登録されてしまった。そこでちょっとネットを調べてみると、ESPのAppMarketとは公式のAndroidマーケットではなく、中華製の似非マーケットらしい、グーグルのアカウントなんてまったく無関係なのだ。しかも登録されてるアプリは古めの英語版か中国語版しかない、日本語アプリなど皆無だ。これはまいった、Andiroidと言えば豊富なアプリでのカスタマイズが売りなのにこれでは大していじれる事がない。

20120003111037

とりあえずちょこっといじってみたがやはり今一だ。日本語の入力がShimejiでしかもクラシックだと言うのもいま一つ。

これは本格的にいじるしかないようだが、とるべき手段はいくつあるようだ。root化していじるとかAppMarketにパッチを当てるとかだがどちらもかなりプログラマー向けだ。何気に端末情報を見てみるとどうもこの端末はWondermediaのWM8650というハードらしいと言う事が判った。

20120003110924

このWM8650と言うのが鍵になるのだが。

続きはまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年9月 »