« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011/12/25

LIFE TOUCH NOTE でGoogle日本語入力を使う

NECのキーボード付きAndroid端末LIFE TOUCHですが、標準の日本語入力はATOKforAndroidです、しかもカスタマイズされていてキーボード入力での使いやすさが追及されています。

ところがこのATOK、実は少し問題があります。一部のアプリにおいて文字の入力が2重になってしまうのです、打ち込んだ文章が2回続けて入力されてしまいます。たとえば「こんにちわ」と打つと「こんにちわこんにちわ」となります。私の場合はOWA(OutlookWebACCESS)でこの症状が出てしまい、メールの作成でちょっと煩わしい思いをしていました。

Androidの日本語入力はSHIMEJIやWnnなどもありますが、いずれもキーボードからの入力を考慮されておらず使い勝手はいま一つです。

そこでGoogle日本語入力に期待を寄せたわけですが・・・。インストール自体は問題なく終わります、問題は設定です、Google日本語入力(以下G日)はATOKと違いキーボードから起動されるわけではありません、一般的なアプリですと文字入力が必要な時になればG日が起動されるのですが、例えばエディターなどではどうなるんでしょうか。写真はgEditorを起動したところです、通知バーにはなにも表示されていません。もちろんキーボードを打っても英文字しか入力されません。

CAP_20111225_133156

どうしたら日本語入力できるようになるのか?少しの間悩みましたが、何のことはない、画面をタッチするだけでした。画面をタッチするとソフトウェアキーボードが現れます。(写真ではQWERTYの設定)もちろんハードウェアのキーボードからの入力もできます。

CAP_20111225_133206

さて、G日をLIFETOUCHで使うには少し設定変更が必要です。キーボードの配列をQWERTYにしなければなりません。手順は

設定を選ぶ
言語とキーボードを選ぶ
Google日本語入力Betaの設定を選ぶ
入力キーボードを選び QWERTY配列にする
横画面での入力の設定を選ぶ QWERTY配列にする

ポイントは横画面の時の配列も変更しておかないと行けない事です。これはG日の設定画面では下の方に隠れているのでカーソルキーで下向きを連打して表示してください。

使用感はATOKよりもMSIMEライクに使えるかな・・といった程度です。画面に常にソフトウェアキーボードが表示された状態になりますので長文を見渡しながら打ちたい人には向いてないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »