« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

2011/06/25

MusicMaker3でReWireを使う

MusicMaker3でReWireを使うには若干の不便がある。(以下MM3とします。)

001MM3でのReWireの設定はアレンジメント毎の設定で、いわば曲ごとに設定する事になる。これが不便な点だ。MM3を起動しファイルメニュー>設定>アレンジメント設定>同期タブのReWireホストを有効にするにチェックを入れる。

次にReWireクライアント、例えばVocaloid2を起動する。これで準備は完了だ。

MM3側でトラックにノートを打ち込んで、次に別のトラックにソフトウェアインスルツメンツをVocaloidReWireで設定する、Vocaloid2側でノートを打ち込んでReWire送信をクリックしてから演奏すると演奏にヴォーカルが追従してくる。002

ここでのポイントはOSがVistaやWin7の場合はMM3を管理者権限で実行しておく必要がある事、MM3のプログラム設定のオーディオタブでオーディオ再生のドライバ選択を設定をWaveドライバにしておく事だ。前者はReWireで音を鳴らすのに必要で、後者はReWireクライアント側から演奏させるのに必要だ。

され若干の不便というのはこの後、いま入力したアレンジメントをMM3でいったん保存する。そしてVocaloid、MM3の順に終了させる。003

さて再度MM3を起動してみる、するとクライアントが見つからないと言うエラーが出る。この後にVocaloidを起動してもReWireホストが見つからない状態で同期がとれないのだ。

つまりはMM3でReWireを使おうとするには起動直後に一度はアレンジメント設定でReWireホストを有効にしてからクライアントを起動しないとならないのだ。

この件はサポートに問い合わせてみたがやはりアレンジメントで設定しておくしかないらしい。

他のReWireホストではこういった面倒はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/24

DMR-XE100 AVCREC を唇る

自分の覚書みたいなものです。

 

DMR-XE100はデフォルトはV12、これだと061で

 

“Could not find a Processing Key or Device Key resulting in the Media Key.”

 

でどうしようもない。

 

そこでまずはDMR-XE100でAVCRECで録画した番組を焼く。

 

次にAACS_bdのMKB_RW.infをV16で上書き。V16は舞子。

 

次にこのディスクをDMR-XE100で再生。

 

次にこのディスクをAVCRECでフォーマット。

 

次に再度録画した番組を焼く。

 

次にMediaKeys.txtにV16のを追記。<どっかにある。

 

ここまでやって061で唇。

 

067だと”Sorry, but your key has expired !”のエラー。

 

ポイントはDVDレコーダーであっても舞子V16に感染させなければならない事。

 

PC側のドライブは普通にDVDマルチで問題ない。

|

2011/06/20

うちの魔女しりませんか?

表紙買いしてしまった一冊。

majo

読み終わるのに半年かかりました。まーそれほど引き込まれる話でもなかったのです。描写が妙にぬるくて人物像もどこかで見たようなって感じのあれでね。展開もなんとなくご都合的でこれといったひねりも感じられなかった。唯一、終盤で茉莉がミラに電話越しで号泣して別れを告げるシーンはうるっと来たね。それまでの高飛車な態度がいい意味でひっくり返されたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »