« 今日の歌声 | トップページ | 6番目の鼓動 »

2010/04/17

ボーカロイドの中古は要注意

最近ちょっとDAWにはまっていてmidiとかいじってます。音楽が鳴らせるようになるとやっぱり声が欲しくなるのが人情ってもんで、ボーカロイドに興味を持ち始めてます。

 

そのボーカロイドですが体験版がいくつか出ていてムックとかを2冊ほど購入してみました。やはり扱うのには相当な練習が必要なんですが、体験版は期間が限定なのでよくわからないうちに使用期限が来てしまいますね。それで製品を買おうかと悩んでいたのですが、なにしろわりといい値段がします。使いこなす自信がない私にはけっこうな冒険です。そこでふっと中古ってないのか?と思いまして、ほらなにしろ使いこなすにはあれだから、買ったはいいものの結局は曲作るまでには至らずにほったらかしって人が結構いるんじゃないかと。(笑)さっそくにネットオークションを探してみるとありました。私の狙いは初音ミクだったんですが何件か該当しました。これならいいかなと思いながら少し詳しく調べてみると・・少し気になることがあります。

 

オークションの出品者への質問や説明に「アクティベーション」という言葉が出てきます。よく調べるとボーカロイドにはインストール後にアクティベーションという登録をしないと継続して使用出来ないことがわかりました。このアクティベーションはWindowsと同じで1台の機械でのみ使用する事を登録するものです。登録時にはハードウェアの識別をするためにHDDやNCの情報を使います。そしてこれは3回までしかできない事もわかりました。つまり中古でボーカロイドを買う場合はこのアクティベーションが残り何回出来るかが重要なのですね。

 

さてそれとは別にボーカロイド販売元へのユーザー登録(ライセンス登録)も必要らしいと分かりました。このクリプトンのページによればアクティベーションとライセンス登録は別物で、製品のアップデーターの入手などにはライセンス登録が必要なようです。ここで問題なのが中古のボーカロイドを入手しようとする場合にライセンス登録が出来るかどうかです。最初の使用者が済ませてしまっている場合にはライセンス登録が出来ません、つまりは正規ユーザーになれないのでアップデーターの入手ができなくなります。(この他にも正規ユーザーであればアクティベーションのリセットも可能らしい、事実かどうかはわからないがクリプトンにねじ込んでリセットさせた正規ユーザーの書き込みをネットで見かけた。)ユーザーの登録情報の変更はできるらしいのですが、大概のソフトには使用許諾契約書が付随しておりそこには「中古での再販売の禁止」が書かれていることが多い・・つまり中古の販売自体が契約違反になるので、それに伴うユーザーの変更を受け付けてもらえるとは思えない。(ネットオークションでボーカロイドを中古で出品している人たちは自分が契約違反をしているという自覚はないのだろうが・・。刑事ではないので逮捕とかにはならんが民事で訴訟を起こされても文句は言えない。)

 

そんな事を踏まえたうえでネットオークションでボーカロイドを購入しようとする場合には次のようになるでしょう。

 

1.インストール(アクティベーション)もライセンス登録もしていない未使用の新品ならグッド。箱が汚くても付属品(ライセンス登録カードとシリアル番号を除く)が欠品していてもまぁいいだろう。

 

2.インストール(アクティベーション)済みでも3回未満でライセンス登録をしていないなら気を付けて使う分にはいいだろう。いざとなったら正規ユーザーになってメーカーに交渉してみる手がある。

 

3.インストール(アクティベーション)済みでライセンス登録もされているなら残りのアクティベーションがある事を確認したうえで長期間使える体験版という感じになる。

 

以上に該当しない物件(アクティベーションしたかわからん、ライセンス契約したかわからんなど)は正直言って避けたほうがいい、最悪買っても使えない可能性が高いですよ。

2013年3月23日追記
ここ数年で状況が変わりオークションで出品されるボカロパッケージにもライセンスの有無が記載されるようになってきています。
ただし逆に私のほうで確認できてはっきりした事もありまして、初音ミクについては再販(中古での販売)は使用許諾契約違反になります。パッケージの説明書に再販を禁止する記載がきっちり明記されています。他のクリプトン製品も同様だと考えて間違いないでしょう。契約違反ですのでいわゆる刑法での違法ではないかもしれませんが、民事で裁判起こされるリスクはあると思います。
クリプトン製品のアクティベートについてはライセンス登録をしてあれば専用ページからアクティベート回数のリセットが申請できます。ただし、このリセットはクリプトンが行うのではなくヤマハが実施するようです、クリプトンはヤマハに依頼するだけ。クリプトンという企業はボカロ曲やキャラクターの2次使用についても寛容なので、ボカロのアクティベートも簡単にやってくれると言う誤解を抱く人も居るかもしれませんが、実際はヤマハです、ヤマハは著作権については非常にシビアな企業です。自社で公開しているフリーウェアの使用許諾に「違反したら賠償金額$***を払ってもらう(英語版なのでドル表記)」ときっちり書いてくるくらいです。オークションなどで1次ユーザーがライセンス契約済みの買うとアクティベートリセットは不可能と思ったほうが良いですよ。
結局、オークションで買っていいボカロは「未開封でライセンス登録がされていないパッケージ」だけになりますかね。

2013年4月21日追記
ヤマハが待望のアクティベート解除ツールを配布開始しました。これによりユーザー側で自由にアクティベートの解除が出来ますので、オークションなどで中古を購入しやすくなりました。
基本的には出品者側でアクティベートの解除をしてある事を明記するべきだと思いますが、商品説明に特に触れられていない様なら質問したほうがいいでしょうね。また、ライセンス契約の問題は相変わらずで、こちらはリセットや解除などは出来ませんからユーザー登録済みなのか要確認ですね。ライセンス登録済みだとアップデートなどの入手が出来なくなったりサポートが受けられないとかあります。たまにライセンス登録しちゃったけど登録IDごと売りますとか書いてる出品者が居ますが、他人の名前でユーザー登録されてる物で第三者がサービスを受けるって法に触れるか触れないか微妙な所ですよ。

|

« 今日の歌声 | トップページ | 6番目の鼓動 »

コメント

勘違いしてるみたいだけどアクティベーションについては制限回数を越えてしまってもメールで連絡すれば大丈夫だよ
http://hatsunemiku.kinbosi.com/jouhou/post_15.html

投稿: | 2010/06/22 09:29

勘違いはしてないよ、クリプトンに連絡すればアクチリセットできる事は言及してるし。この記事ではライセンス契約の方が重要だよという事を書いた。特に中古で買った人は最初の持ち主がライセンス契約しちゃってたらまず変更は無理だろうね。契約に違反するから。
リンク先のブログにも書いてないからもしかして逆に勘違いしてるかもしれないけど、メールでアクチリセットって誰でもできる訳じゃないよ、ライセンス契約をした正規ユーザーのみなんだ。
さらには今は状況が変わっていて、クリプトンだとアクチリセットの依頼は専用のページからするようになっている、そこにログインするにはライセンス契約が必要になってる。

投稿: ぜき | 2010/06/22 20:36

どうも=さいきんVocaloid(ルカ)を買いました、

でも今あるパソコンが要領少ないため、、、

新しいの待つことにしましたが、

たぶん1年2年先になるだろうなっと思ってます。

でも3回までなら大丈夫なんですね。。

便利だけど細かいところまで調べないとだめなのが、

難しいところですよね;

失礼しました~w

投稿: | 2010/09/16 01:28

あやうくオークションで落としかけた。
ふと冷静になってちょっと調べてここにたどり着いてよかったです。
感謝します。

投稿: 通りがかり | 2012/05/12 03:15

やっぱオークションのソフトは危険なんですかね…
amazonで買えばいいんでしょうか?

投稿: 覗き見 | 2015/03/07 13:32

ヤフーでも未開封(未使用)の物ならいいんですが、中古って書いてて一回でもインストールされちゃってたら避けた方がいいでしょうね。最近は空くティベートしてるかしてないかを説明書きに書いている出品者がいますが、重要なのはユーザー登録をしてしまったかどうかです。

投稿: ぜき | 2015/03/07 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545156/48112647

この記事へのトラックバック一覧です: ボーカロイドの中古は要注意:

» ボーカロイド好き☆ [ヒビタノシ♪]
ボカロ(ボーカロイド)好きですっ [続きを読む]

受信: 2010/06/30 05:58

« 今日の歌声 | トップページ | 6番目の鼓動 »