« 株価上がってた | トップページ | 株価:ああ、今日も上がった。 »

2009/12/01

レールガン9話 佐天涙子という少女

題名にレールガンとある割にはミコトがの登場シーンが少ないので本当に主人公かと
疑いたくもなるが、公式サイトでは「とある街の、とある少女たちの物語。」になって
いる。そうかだから黒子や佐天が主役の話があるのか。

さて、今回の9話では佐天がフォーカスされて来ている。前半Aパートではいつもの
軽いお調子振りを発揮していたが後半Bパートになってくると自らのレベル0という
烙印に激しい劣等感を露わにしてきている。暴力を振るうチンピラに食って掛かるも
あさっりいなされてしまい、さらには登場した黒子の能力の高さを見せ付けられて
なお更に落ち込み苦悩してしまっている姿は痛々しい。(ああ、しかし彼女は気づいて
いない、黒子は佐天を友達といっていたのだ。能力レベルなんて関係なく!)

レベルアッパーの危険性を感じつつも仲間たちにその事が話せず、だんだんとその
力の魅惑に引き寄せられる彼女を見ていると力無き者の弱さをまざまざと感じる。
最後に彼女が他のレベル0の友人に言った言葉、あれはみんなで試せば(やれば)・・
という彼女の愛しいまでに姑息な心情の表れだったのではないだろうか。

これからの鍵は佐天の「能力」の内容になるだろうか、レベル0とは無能力を意味する
訳ではない。でなければ彼女があの街にいるはずが無いからだ。上条の能力無効化
の様に思いにもよらない力が彼女にもあるのだろう。ミコトとのやり取りの際に見せた
母のお守りも重要に思える、あれこそが佐天が元の彼女に戻るためのアイテムに
なるのではないか。

|

« 株価上がってた | トップページ | 株価:ああ、今日も上がった。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545156/46902986

この記事へのトラックバック一覧です: レールガン9話 佐天涙子という少女:

« 株価上がってた | トップページ | 株価:ああ、今日も上がった。 »